大型免許等資格取得支援事業って?

若年層の就業機会の拡大、除雪機械やバス等運転手の人材確保を目的に、 大型免許、大型特殊免許等の資格取得費用を助成する制度です。 支払った経費の一部を遠軽町で助成します。



助成の対象になる免許って?

・第一種免許 --- 大型免許、中型免許、大型特殊免許、けん引免許

・第二種免許 --- 大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許、けん引免許


助成の対象になる人って?

申請者本人が免許を取得し、申請時に次の4項目全てを満たす方が対象になります。

① 遠軽町の住民基本台帳に3年以上継続して記録されている方

  または、遠軽町の住民基本台帳に記録され、町内事業所に勤務されている方

② ・第一種免許 --- 18歳以上40歳未満の方
  ・第二種免許 --- 21歳以上65歳未満の方

③ 対象となる免許を取得し、教習料金を支払った方

④ 本人及び同一世帯全員が町民税や国民健康保険税などに滞納がない方

※更なる就業機会の拡大を図るため、平成28年8月1日より第二種免許取得者の年齢要件を拡充しました。


助成の対象となる経費と助成金の金額は?

免許取得に係る教習料金を対象の経費とし、半額(限度額20万円、千円未満切り捨て)を助成します。

※平成28年度より、1人につき年度内2回まで申請いただけるようになりました。


申請に必要なもの

助成を希望される方は、免許交付後30日以内に、次の書類を遠軽町役場総務部企画課に提出してください。

① 遠軽町大型免許等資格取得支援事業交付申請書

② 資格取得を証明する書類(運転免許証の写し等)

③ 資格取得に要した費用の領収書(教習所が発行したもので、領収印があるもの。)

 

※交付申請書は、こちらのリンクからダウンロードできます。 遠軽町ホームページ





遠軽町大型免許等資格取得支援事業に関するQ&A


Q1.免許を取得するための交通費や宿泊費は、助成の対象になりますか?
Q2.延長・補習教習の追加料金は、助成の対象になりますか?
Q3.大型特殊免許とけん引免許を同時に取得しました。対象経費と助成額はどのようになりますか?
Q4.助成対象となる免許を詳しく教えてください。
Q5.先日、免許を取得しましたが、来月、他市町村に転勤することとなりました。
Q6.助成金はどのように支払われますか?

 

Q1 免許を取得するための交通費や宿泊費は、助成の対象になりますか?
A1 教習所に通うための交通費は、助成の対象になりません。また、宿泊費については、教習所直営の合宿免許の場合、助成の対象になります。
Q2 延長・補習教習の追加料金は、助成の対象になりますか?
A2 教習に係る追加料金は助成の対象になります。ただし、学科試験受験料や写真代、問題集等の購入費用は対象になりません。
Q3 大型特殊免許とけん引免許を同時に取得しました。対象経費と助成額はどのようになりますか?
A3 同一の教習期間内に2つ以上の免許を取得した場合、それぞれの費用を合算した額が対象経費となり、限度額の20万円まで助成します。
免許を取得した教習所が別々であっても、同一の教習騎亜kンであれば合算して申請いただけます。
Q4 助成対象となる免許を詳しく教えてください。
A4 助成対象となる免許は、下記の通りとなります。
・第一種免許 --- 大型免許、中型免許、大型特殊免許、けん引免許
・第二種免許 --- 大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許、けん引免許

※限定付免許(「中型車は(8t)に限る」等)の限定解除に係る教習料金も対象となります。

※現在お持ちの免許がAT限定の場合、助成対象となる免許の交付を受けた場合に限り、AT限定解除に係る教習料金についても対象となります。(AT限定解除のみの教習料金は対象となりません。)

Q5 先日、免許を取得しましたが、来月、他市町村に転勤することとなりました。
A5 申請時、遠軽町に住所を有し、町内の会社に勤務していれば、助成の対象になります。
助成後、他市町村に転勤した場合でも、助成金を変換していただくことはありません。
Q6 助成金はどのように支払われますか?

A6

助成金は、口座に振り込みます。交付申請書に本人名義の口座を記入してください。

▲ページのトップへ戻る

 
Copyright (C) 2009 Engaru Driving School All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com